受け口

受け口でお悩みの方へ

受け口の症状とリスク

受け口の症状とリスク

歯の噛み合わせが上下逆になっている状態が「受け口」です。通常であれば、上の歯が下の歯の上に被さるため表に見えるのは上の歯になります。しかし、下顎の骨が発達し過ぎて前に突き出てくると下の歯が上の歯に被さってしまい、上下の噛み合わせが逆になってしまうのです。

受け口だと食べ物が噛みにくいだけでなく、歯周病の原因になることもあります。また、顎の関節が痛くなるなどのトラブルが起こる場合も……。外見的には顎がしゃくれて見えますし、はっきりと発音することも難しくなってしまいます。

受け口になる原因

受け口になる原因

受け口は、乳幼児期の指しゃぶりや口呼吸などの癖、顎の形や大きさなどの遺伝的要素、また噛み合わせや筋肉のバランスなどが複雑に絡み合って起こる症状です。

治療法は症例によって異なりますが、治療が終わると今まで前に突き出ていた顎が後ろに下がるため、横顔のフェイスラインがきれいに整います。

受け口の治療

上顎が小さく、下顎の前歯が外側に出ている場合

奥歯を抜かず、前歯を広げる矯正治療を行います。前歯を広げる治療だけで済むため、歯を抜く必要はありません。治療期間は1~2年程度です。

下顎が出ている場合

下顎の奥歯を抜き、下顎の前歯を内側に引っ込める矯正治療を行います。裏側矯正だけで済みますが、歯を抜く必要があります。治療期間は2年程度です。

下顎のサイズが大きい場合

外科手術によって下顎のサイズを小さくします。手術前後の各1年間は、矯正装置を装着して歯列矯正を行うため費用と時間がかかりますが、顎変形症と診断されれば保険が適用されます。また、症例によっては部分矯正だけで治療できる場合もあります。

オンラインで24時間受付中 WEB診療予約

お問い合わせ メールでご相談ができます