開咬

開咬(オープンバイト)でお悩みの方へ

開咬の症状とリスク

開咬の症状とリスク

開咬(オープンバイト)とは、奥歯はきちんと噛み合っているのに前歯だけが噛み合わず、常に上下の前歯が開いている状態のことです。口を開けると前歯の間から舌が見えるのが特徴です。

前歯で食べ物をうまく噛めず常に奥歯で噛み砕くために、奥歯に必要以上の負担がかかり、歯や顎の骨・顎関節を痛めてしまうことがあります。なかには、食べ物をうまく飲み込むことができず、胃腸障害を引き起こすケースも。これ以外にも、口のなかが乾燥しやすいため虫歯や歯周病のリスクが高まる、上下の前歯の間から空気が漏れてしまうためうまく発音できない、などのデメリットがあります。

開咬になる原因

遺伝

開咬の方は、特徴的な顎の形をしている方が多く、開校を引き起こす骨格的な問題のほとんどが遺伝が原因とされています。

乳幼児期の指しゃぶり

乳幼児期の指しゃぶりの癖が長期化すると、開咬の原因となります。前歯に指を押しあてながらおしゃぶりするため、指の力で上下の歯が動いてしまい開咬となるのです。指しゃぶりだけでなく、前歯に舌を押しあてる、舌を歯で軽く噛む、頬杖をつく、舌を口の外に出す癖なども同様です。

呼吸器系疾患

鼻炎や蓄膿症などがある場合、鼻がつまりやすく口呼吸の癖がつきやすくなります。口呼吸をしていると、唇の筋肉が弱まり口内の筋肉のバランスが崩れることがあります。これが開咬の原因となることがあるのです。

開咬の治療

開咬の治療

状態によって治療方法は異なりますが、大人になってからの治療は歯列矯正によって正しい噛み合わせにしていく治療が一般的です。顎が狭い場合は、奥歯を抜いて歯が動くスペースを確保することがあります。また顎の骨が極端にズレている場合は、顎の骨を切断し、上下の歯が正しく噛み合うように固定させます(外科手術を伴う場合、2~3週間の入院が必要)。矯正が終わると上下の歯が正しく噛み合い、理想的なスマイルラインが手に入るでしょう。

オンラインで24時間受付中 WEB診療予約

お問い合わせフォーム メールでご相談ができます