出っ歯

出っ歯でお悩みの方へ

出っ歯の症状とリスク

出っ歯の症状とリスク

出っ歯は、下の歯に比べて前歯だけが飛び出している状態のものと、上顎の歯茎も歯と一緒に突き出ている状態のものがあります。

どちらの場合も、前歯が前に出ているため噛み合わせが悪くなり、食べ物をうまく噛み砕けません。また、下顎を前にずらして噛む癖が付いてしまうため、顎の関節にも負担がかかってしまいます。さらに、転んだりぶつかったりしたときに「歯が折れる」「唇が切れる」といったリスクも高くなります。

また外見上では、笑うと歯茎が目立ってしまうのが特徴。唇が閉じにくいため、口のなかが乾燥して歯周病にかかるリスクも高まります。

出っ歯になる原因

指しゃぶりなどの癖

乳幼児に多い指しゃぶりの癖。これをいつまでも続けていると、指の力で前歯を前に押し出してしまい、出っ歯になってしまいます。

歯と顎のバランスの悪さ

顎の骨が十分に発達していない場合や歯のサイズが大きい場合、永久歯に生え替わるとき、歯が生えてくるスペースがなくなってしまいます。そのため前歯が前に押し出され、出っ歯になることがあります。

顔のゆがみ

左右の噛み合わせのバランスが悪いと、顎の骨がズレたまま成長し、結果として出っ歯を招いてしまいます。また、頬杖をつく習慣があると顔や顎にゆがみが生じて出っ歯になってしまう場合もありますし、口呼吸をする癖があると唇の筋肉にしまりがなくなり、歯が前に出てきてしまうこともあります。

出っ歯の治療

出っ歯の治療

出っ歯を直すのは難しいと思われがちですが、ほとんどのケースで治療可能です。状態や程度により治療方法が異なりますが、歯だけが出ている場合は、部分矯正や裏側矯正などで歯を正しい位置に移動させるのが一般的です。一方、歯茎が出ている場合は、歯茎も内側に引っ込める必要があります。いずれのケースも、歯を移動させるスペースを確保するために上の奥歯を抜かなければならないことがあります。

前歯のみの部分矯正

全体矯正に比べて治療費用が安く、治療期間も短く済みます。症例によって異なりますが、矯正期間は1年以内が一般的です。

上顎だけの矯正

全体矯正に比べて治療費用が安く、治療期間も短く済みます。部分矯正では治療できない範囲を矯正でき、上顎の歯並びを改善できます。

上下顎全体の矯正

上下全体に矯正装置を付ける必要があり、治療期間も長めになりますが、理想的な歯並び・噛み合わせを実現できます。

コルチコトミー

歯を支えている顎の骨の表面部分に溝を入れ、顎の骨の代謝を高める矯正法。裏側矯正とあわせて行い、矯正期間を短縮します。

オンラインで24時間受付中 WEB診療予約

お問い合わせ メールでご相談ができます